予測の読み方

I Know Firstアルゴリズムは、過去のデータを用いて毎日金融市場の最新の予測を生成します。各予測には、シグナルと予測可能性という2つの指標が含まれています。

 

シグナル

シグナルは、特定の資産ごとに予測された動きと方向を表します(増減)。パーセンテージまたは特定の到達価格ではありません。シグナルの強さは、現在の価格が均衡な価格と考えられるものからどれだけ離れているかを示します。

予測可能性

予測可能性は、過去のアルゴリズムの予測と各特定の資産の実際の市場動向との間の過去の相関関係です。このアルゴリズムは、過去のすべての予測の結果を平均し、より最近のパフォーマンスに重みを付けます。

 

予測可能性についてもっとよく知る

予測可能性(P)は、過去の予測と各離散期間の実際の資産動向との間の相関を計算することによって得られる。このアルゴリズムは、すべての予測の結果を平均化し、より最近のパフォーマンスに重みを付けます。マシンが学習してより多くのデータを蓄積すると、(P)の値は一般に増加します。

 

予測可能性は、マイナス1からプラス1の範囲で表されます。これは、ピアソン相関係数で表せられる相関係数を指します。

P = -1は、実際の市場がアルゴリズムの予測と反対の方向に動いたことを意味します。

P = 0は、予測と実際の市場動向との間に相関がないことを意味します。

P = 1は、実際の市場の動きと予測との間に完全な相関があることを意味します。

 

Pの値がゼロより大きい場合は、予測の方向性が正しいことを示し、高ければ高いほど予測の精度が高いことを意味する。私達が予測している株式に関してPの値は通常0.2から0.7の間である。

 

どのように利用するべきか

投資家はシグナルと予測可能性の両方を考慮することが推奨されます。予測可能性が高い株式はほとんど移動せず、予想可能性が低い株式は予想外に大幅に移動するため、どちらも魅力的ではありません。ただし長期予測(一ヶ月以上)はアルゴリズムがより容易に傾向をみつけることができるので予測可能性が高くなります。

毎日、アルゴリズムは市場全体の方向を示すヒートマップを生成します。たとえば、テーブルの上部にある緑色の「買い」予測が下の赤色の「売り」予測を支配する場合、強気市場が表示されます。

Comments are closed.